ホーム > 防犯チェックシート

防犯チェックシート

防犯について

あなたのおうちは大丈夫? 泥棒が狙うポイントを簡単にチェックできるシートを使って、防犯意識を高めよう!

→ チェックシートのダウンロードはこちら

まず泥棒の手口を知ろう!

防犯対策を行うにはまず、相手を知ることが必要です。相手の行動を知って、対策を行うことで、なるべく少ない費用で効果的な防犯対策ができます。

いわゆる泥棒と呼ばれている侵入窃盗は平成21年の1年間で148,488件(警察庁データより)起きています。

これは約4分に1件、起きている計算になります。そして検挙率は81,545件で54.9%となり、約4割以上は犯人が捕まっていないのです。
実は、

なぜ4割も減ったのでしょうか?警察庁で侵入窃盗の対策強化の効果もありますが、ピッキング対策の錠前、1ドア2ロックの普及など、ユーザーである生活者のみなさんの防犯意識が上がったことにより、自分の身や家族、財産や家を守るための対策をしたからです。
このように、ご自身で意識を持って対策することは、確実に防犯効果があるのです。

148,488件のうち住宅は85,228件(57%)です。 次に一般事務所20,870件(14.1%)、商店13,236件(8.9%)と続いています。

以上のデータから

ということが、侵入窃盗に有効な手段であることがわかります。

注意点と具体的な対策

1.戸締りのし忘れ→施錠する習慣をつけましょう。

当たり前のことですが、侵入等の約半数近くが、戸締りをしていなかったり、錠前の付いていないところから侵入しています。ゴミ出しやちょっとした近所の用事でも、施錠する習慣をつけましょう。浴室やトイレの窓など忘れがちなところも注意が必要です。

オプナスでは玄関錠のしめ忘れを防止するための商品として「eyeZU」アイズを発売しています。ぜひ鍵の掛け忘れ防止にご活用ください。

2.窓などのガラスの対策 → 補助錠をつけたり、ガラスを強化すると有効です。

泥棒は窓の中央部のクレセント錠を狙って、窓を割り解錠してしまいます。サッシメーカーでは、補助錠が付いているものも多くなりました。しかし、付いていないときには後付できる補助錠が比較的安価に手に入り、簡単に取り付けできます。

また、ガラス割りに強い「防犯ガラス」を採用するのも有効です。破壊まで時間が掛かることにより、泥棒が諦める確率が高くなります。

3.玄関錠の対策→錠前を強化すると共に、合鍵対策をしましょう。

1ドア2ロックにする(1つのドアに2つの錠前を取り付ける)ことでピッキングだけでなく、破壊やサムターン回しなどに有効です。泥棒は解錠に時間がかかるのを嫌います。10分以上かかりそうだと90%が諦めるという泥棒からのアンケートもあるくらいです。

オプナスの玄関用錠前、建物用錠前はいずれも厳しいピッキングテストに合格をしております。そして、更に最高グレードの錠前セットをご希望の方は、各シリンダーともCP認定品を用意してあります。ぜひおすすめします。

また合鍵の管理が甘いために、泥棒に入られたり、他の犯罪につながったりするケースもあります。合鍵を郵便ポストや植木鉢のしたなどに隠さないようにしてください。また合鍵を紛失したり、他人に鍵を貸した場合に悪用されるケースありますので注意が必要です。

オプナスでは鍵の紛失や悪用の対策として「メモリス」「MMX」というメモリーチェンジシリンダーをご用意しています。万一の紛失や悪用されるの恐れがある場合には簡単な操作で瞬時に紛失したり、悪用されそうな鍵を使えなくし、新たな鍵のみ使用できるようにできます。

4.サムターン回しの対策→サムターン回し対策された製品を使いましょう。

サムターン回しはドアの隙間やドアに穴を開け、針金などでサムターンを引っ掛けまわしてしまう手口です。ツマミが取れる等、対策されたサムターンを使用しましょう。

オプナスの「パタンテ」は、サムターンに付いているツマミを倒せるようにすることで「サムターン回し」をしにくくするとともに、家族のだれもが簡単に使える防犯サムターン(内鍵)です。また、最高グレードのCP認定タイプもご用意してあります。

5.死角対策→死角をなるべく作らず、できてしまう場所にはライトやブザーをつけましょう。

侵入しそうなところにセンサーライトをとりつけることで、死角になりやすいところの防犯効果として効果的です。またドアの不正な解錠や窓ガラスの破壊行為に反応する警報ブザーを取り付けることにより防犯効果があります。

6.不在対策→不在を悟られない工夫と、監視の目を増やしましょう。

新聞や郵便物がポストから溢れていると、留守がちである家ということが泥棒に分かってしまいます旅行や長期間留守の時には配達をやめてもらい、留守であることを気づかれないようにしましょう。

また近所で声をかけ合う事も大切です、様子のおかしい、知らない人を見つけたら一声かけましょう。地域で守る意識が大きな効果があります。

あなたのおうちではどうでしたか?チェックシートを見ながら現場に行って確認をし、できれば実践してみてください。泥棒被害を少なくし、安心して暮らせるお家と住みよい街を作りましょう!

→ チェックシートのダウンロードはこちら